インフルエンザ予防接種のお知らせ

今年度は厚生労働省からの指示により、接種の時期が例年と異なります。

 

【予防接種開始時期】

65歳以上の方:10月1日より開始

それ以外の成人一般のかた:10月26日より開始

 

当院では予約なしで、予防接種を希望される方に接種していきます。

(今後の状況により対応が変わる可能性がありますのでご了承ください)

 

【接種回数】

成人の接種回数は1回です。

 

【料金】

● 成人一般のかた:3,850円

● 高齢者の公費負担対象者:1,600円

 ※公費負担対象者とは

  広島市内に住民票を有する方で

  ・接種日に65歳以上のかた

  ・接種日に60~64歳で、心臓、腎臓、呼吸器またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能について身体障害者手帳1級の障害を有するかた、もしくは「予防接種法施行規則第2条の2該当確認書」に該当するかた

  ※対象者のうち、下記の対象者は自己負担金が免除されます (確認書類が必要となります)

    ①生活保護世帯に属するかた

    ②市民税の所得割非課税世帯に属するかた

 

 

詳しくは診察時または窓口にてご確認ください。

 

広島テレビの情報番組「テレビ派」で放映されました

先日、広島テレビの情報番組「テレビ派」の中で、熱中症対策について取り上げたいと取材依頼がありました。

猛暑でエアコンが不可欠の中で、コロナ対策として換気もしたい。ジレンマを抱える毎日だと思います。

そんな中で高齢者の熱中症対策について、ほんのさわりの部分だけですが、動画をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

自動噴霧タイプの消毒ディスペンサーを設置しました

新型コロナウィルス感染症対策として、当クリニックではいろいろな取り組みを行っています。

その一環として、クリニック入口に自動でアルコールを噴霧してくれる消毒ディスペンサーを設置いたしました。

従来の手で押すタイプのものでは、どうしてもポンプを押すところの感染が気になるところでした。ところが、今回設置した手をかざすだけで自動でアルコールを噴霧してくれるタイプであれば、手押しタイプのような感染の心配がありません。

 

 

 

入室の際、ご自由にお使いください。

 

 

 

 

自動でアルコール消毒液が噴霧されますので、どこも押す必要はありません。

噴霧されたアルコール消毒液を手に刷り込んでください。

 

 

 

 

スタッフが苦労して書いてくれた説明の絵です。使い方のイメージが伝わればいいのですが・・

(「よくわかったよー」という方、スタッフに言っていただければ、スタッフの満面の笑みをプレゼントさせていただけるでしょう)

ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

 

肺機能検査を再開いたしました

肺機能検査は、気管支喘息や咳喘息、肺気腫(COPD)の診断や治療経過を判断するために呼吸器内科領域では重要な検査です。

 

本通トータルヘルス内科クリニック、肺機能検査、呼吸器内科、新型コロナ対策、肺機能検査、飛沫感染、シールド 肺機能検査、スパイロメトリー

 

しかしながら検査施行時には、深呼吸や最大努力での大きな呼吸をしていただくために、飛沫感染やエアロゾルの発生などが問題となります。そこで当クリニックでは新型コロナウィルス感染症の流行が見え始めた当初より、肺機能検査の施行を中止しておりました。このため呼吸器内科疾患の患者様におかれましては、ご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。

 

このたび新型コロナウィルス感染症がどのようなものかがだんだん明らかになってきたこと、その対策をどのようにすべきかもわかってきたこと、さらに流行状況を見極め、行うべき対策をしっかり整えることができたと判断いたしましたので、検査を再開させていただくことといたしました。

感染症対策として、マウスピースやフィルターは患者様ごとの単回使用であることや、検査機器のアルコール消毒などは従来通り十分に確実に行います。

 

さらにこのたび、フィルムシールドを設置させていただき、エアロゾル対策を行わせていただきます。

 

本通トータルヘルス内科クリニック、肺機能検査、呼吸器内科、新型コロナ対策、肺機能検査、飛沫感染、シールド フィルムシールドの設置

 

これまではスタッフが患者様のすぐ横について検査を施行しておりましたが、今後はフィルムシールドとカーテンを隔てての検査となりますことにつきまして、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

 

5月17日の休日当番医について

5月17日、当院は休日当番医として、診療を行います。

診療時間:午前は9時から13時まで。午後は14時から18時まで(受付は17:30まで)です。

新型コロナ感染症対策として、患者さまが混み合うことをさけるため、完全予約制をとらせていただきます。

受診ご希望のかたは、電話の上、簡単な症状をお知らせください。受診時間の調整を行わせていただきます。ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

クリニック電話番号:082-247-1588

 

発熱など感冒症状のある方は、特別診察スペースにて診察させていただきます

新型コロナウィルス感染症の流行のため、発熱やせき・息切れ、強いだるさ(倦怠感)などの症状があり、新型コロナウィルスの感染が疑われる方は、直接受診する前に必ず最寄りの保健所あるいは帰国者・接触者相談センター に電話で相談し、指示を受けていただきますよう、よろしくお願いいたします。

保健所より一般クリニックを受診するように言われた方は、来院前に当クリニックへお電話ください。来院時間等の調整を行わせていただきます。

なお、当クリニックでは新型コロナウィルス感染症の検査は行っておりません。

来院された際には、入口右にある呼び鈴をならしてください。

スタッフがすぐに対応させていただきます。

 

 

 

本通トータルヘルス内科クリニック、内科、循環器内科、糖尿病内科

 

 

新型コロナウィルス感染症の流行が勢いを増しており、一般の受診される方と感冒など発熱で受診される方の接触を避ける必要があります。

そこでこのたび、発熱など感冒症状のある方は特別診察場所で診察させていただきます。ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

受付前にフィルムシールドを設置させていただきました

新型コロナウィルス感染症対策として、受付前にフィルムシールドを設置させていただきました。

 

 

本通トータルヘルス内科クリニック 受付 コロナ フィルムシールド

 

 

受診される皆様におかれましては、不愉快な気持ちになられると存じますが、

医療崩壊を防ぐためにも、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

簡単なマスクの作り方

患者様より簡単なマスクの作り方を教えていただきました。

ハンカチを使い、折り曲げるだけで作れます。縫う必要はありません。

 

本通トータルヘルス内科クリニック、マスク

ご本人のご了解を得て、掲載させていただきました。

素敵なマスクでしょ。

 

では作り方です。

本通トータルヘルス内科クリニック、マスク

まずはハンカチを折って、輪っかを作ったゴムを通します。

 

本通トータルヘルス内科クリニック、マスク

あとは折り曲げるだけ。これで完成です。

ガーゼを載せてもOKです。

 

洗って何度も使えるし、気分をかえていろいろなハンカチで作れるし。

コロナの憂鬱な気分を吹き飛ばしましょう!

 

感冒症状や発熱のある方は、その他の一般患者様と一緒にならないように対応させていただいています

新型コロナウィルス感染症の流行のため、発熱やせき・息切れ、強いだるさ(倦怠感)などの症状があり、新型コロナウィルスの感染が疑われる方は、直接受診する前に必ず最寄りの保健所あるいは帰国者・接触者相談センター に電話で相談し、指示を受けていただきますよう、よろしくお願いいたします。

保健所より一般クリニックを受診するように言われた方は、来院前に当クリニックへお電話ください。来院時間等の調整を行わせていただきます。

なお、当クリニックでは新型コロナウィルス感染症の検査は行っておりません。

 

 

本通トータルヘルス内科クリニック、内科、循環器内科、糖尿病内科

 

 

感冒症状や発熱のある方は、来院されましたら、入口の右にあるインターホンを鳴らしてください。すぐにスタッフが参り、対応させていただきます。

簡単な問診後、特別に設置しました診察スペースへご案内しますが、診察状況によりしばらく院外にてお待ちいただくことがあります。ご迷惑をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

 

本通トータルヘルス内科クリニック、内科、循環器内科、糖尿病内科

 

 

ここで診察を行い、処方、会計も同じ場所で行います。

感冒症状や発熱のあるかたは、その他の待合い室でお待ちの患者様と一緒にならないように対応させていただいています。

ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

 

新型コロナウィルス感染症の予防について

今やマスクが手に入らない状況で皆さんも困っておられると思います。ここは政府にリーダーシップをとっていただき、早急にマスクが出回るようにしていただきたいものです。
マスクは、咳やくしゃみによる飛沫及びそれらに含まれるウィルス等病原体の飛散を防ぐ上で高い効果を持ちます。咳やくしゃみ等の症状のある人は積極的にマスクを着用しましょう。
しかしながら、ご自身に咳などの症状がなく、「感染の予防」としてマスクを着用することについては誤解が多いようです。
感染対策が積極的に必要とされる医療現場や、乗り物など換気が不十分な場所など混み合った場所では感染予防策のひとつと考えられますが、屋外などでは相当混み合っていない限り、マスクを着用することによる予防効果はあまり認められていません。

 

そう、健康な人にとって感染予防について最も大事なポイントはマスクではないんです。
大事なのは手洗いとうがい、そして生活習慣を整え、睡眠をしっかりとって免疫状態を高めておくことです。
新型コロナウィルスに感染した場合も、約8割の人はちょっとした感冒症状で軽快していきます。約2割の重症化しやすい人とは、高齢者や基礎疾患のある人です。
ですから大切なのは、手洗いとうがいで感染をしっかり予防し、もしも感染したとしても基礎疾患をきちんとコントロールし、軽症なうちに軽快させることです。
高血圧や糖尿病で内服治療中だけど、調子いいから内服を時々忘れるとか、喘息治療中だけど最近吸入をさぼり気味っていうかた、ぜひご注意ください。

 

続いて、手洗いとアルコール消毒についてです。
やり方については、家庭用製品を扱われているサラヤさんのページを添付させていただきます。

サラヤさんのページ

基本的には、せっけんでの手洗いとアルコール消毒は同時に行う必要はなく、どちらか一方でよいとされています。
動画もわかりやすいですね。親指や手首の洗いも大切です。この手洗いのやり方は、我々医師が手術前やカテーテル検査前に行う手洗いと類似しています。
我々の手洗いは水で流す時、肘を下げて、流した水が肘から落ちるようにするんですけど、一般生活では服が濡れるのでそこまでは必要ありません。

 

新型コロナウィルスの感染形態は、飛沫感染と接触感染とされています。接触感染についてはアルコール除菌が有効です。
しかし、現在アルコール除菌製剤も手に入りにくくなっています。そこで使えるのが次亜塩素酸ナトリウムです。
次亜塩素酸?これは塩素系漂白剤、キッチンハイターなどのことです(テレビでは商品名は出せませんがここではわかりやすくするため、あえて記載させていただきます)。
これを薄めて使います。
希釈の仕方は目黒区のホームページを添付させていただきます。

目黒区のホームページ

これをつかって、ドアノブや水道の蛇口、テーブルなどを拭き掃除しましょう。クリニックでも頻繁に行なって消毒しています。
次亜塩素酸の使用では金属部分が錆びる危険性もあり、拭き掃除後水拭きするとよいでしょう。

 

新型コロナウィルス対策については、ひとそれぞれが正しい知識を持ち、冷静に対応していくことが必要であり、将来海外から「あの時の日本の対応はすばらしかった」と言われるように、皆さんで力を合わせ対応していきましょう。

当院へのお問い合わせやご質問、ご相談など
ございましたらご連絡ください。

082-247-1588

水曜・土曜は午後休診/日曜・祝日は休診

このサイトを共有する